by lieutenant_duck

連作「依然夏休み」(古川亜希)

依然夏休み 古川亜希

くたくたになるまで泳ぐ たとえもし泣いたとしても気づかれないし

プールには老若男女 それぞれはみんなひとりで来ていたみたい

青白い光を灯す自販機にひらひら飛んで近づいていく

朝焼けをケータイカメラで撮ってみて 君をやっぱり無理やり起こす

焼きそばを作っていたら熱烈な視線 ぬいぐるみと見つめ合う

改札でハイタッチしてカップルがそれぞれ帰路についていく夜

飛び乗ってしまいたいけど西行きの新幹線に行き先はない

弔電を打った 定型文だけで 他の言葉は独り占めした

欲しくないビニールの傘買っちゃった だって仕方がなかったんだよ

お化け屋敷みたいな美術館のこと おばけみたいな水音のこと

はじめての内緒話を聞きながらじっと見ていた下まつげ長い

夕方の電車にゆられてるとここはやはり知らない町だとおもう

まぶしくて目をつぶる毎少しずつ近づいている錯覚 光

いったことなかったかもね 隠しごとなんてひとつもしなかったけど

胸が痛む夏の思い出 そんなものいつの間に手に入れたんだろう

さようなら・いってきますのキスをした 今年の夏はこれでおしまい

(2010.10.01)
[PR]
by lieutenant_duck | 2010-10-12 21:55 | 短歌